日本より人気!?「MATCHA」がロンドンで受け入れられている理由は

Photo by Jason Leung on Unsplash

日本より人気!?「MATCHA」がロンドンで受け入れられている理由は

成瀬美紀
成瀬美紀
2020-03-13

日本人が鎌倉時代から飲んでいる「抹茶」。この数年世界中で大ブームとなっているのは知っていますか?抹茶をそのまま「MATCHA」と発音し、いつからか日本語から世界共通語へとなりました。その日本を誇る飲みものMATCHA事情をロンドンからお届けします。

昔、抹茶とは武士や貴族などの上流階級のみができる嗜好品でしたが今ではスイーツやコーヒーラテなどの乳飲料、料理の材料として使われることが多くなった最も身近な日本茶のひとつです。

そもそも抹茶ブームの火付け役とされているのが、ニューヨークにある「MATCHA BAR」という抹茶専門カフェ。若者のカフェイン過剰摂取という問題から、コーヒーやエナジードリンクに変わるヘルシードリンクを探したところ日本の抹茶にたどり着いたということがきっかけだったそう。

そして業界初のMATCHAエナジードリンクを発売し、日本でもイベントを開催したことで一躍有名になりました。ここまで日本人の常識を超えるほどに進化した抹茶はなぜ海外で受け入れられたのでしょう。

海外で抹茶が受け入れられた理由

紅茶やコーヒーのような茶色がかった飲み物は世界中の人々に馴染みがありますが、抹茶のような鮮やかな緑色やスムースとは言えない舌触りに、きっと少しは違和感を感じる人はいたと思います。しかしそれでもスーパーフードのひとつとして大ブームとなった抹茶には、抹茶がもつ多くの効能に魅力を感じ現代人の生活に必要とされたのでしょう。

mikinaruse
イギリスのハーブティーブランドから出ているMATCHAシリーズ

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

mikinaruse
mikinaruse
mikinaruse
mikinaruse
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する