天秤座 2/9~2/23の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

天秤座 2/9~2/23の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2020-02-09

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

天秤座 10/18 – 11/15

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

天秤座
天秤座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

2月9日は蟹座で満月、ナクシャトラ(※1)はアシュレーシャ(※2)、シンボルはドグロを巻いたヘビ、ヘビは欲望や神秘、隠されたもののシンボルです。物事を深く掘り下げ、本質的なものを追求していくナクシャトラ。常識にとらわれず我が道を突き進んでいく強さがあるため、障害を乗り越えて目的を達成する、偉業を成し遂げる力を持ちます。ただ、狡猾さや利己的な点、嫉妬心などを併せ持つため悩みや迷いが生じたり、深みにはまっていきがちなナクシャトラです。

9日の満月は、天秤座のあなたにとっては10室、仕事や社会的な活動をあらわし、今生果たすべき役目や使命をあらわすハウスで起きる満月です。この時期誘われたり、推薦されたりしたらぜひその役目を引き受けてみるといいでしょう。引き受けてしまうことで時間管理やスケジュール調整など多忙になってくるかもしれませんが、あなたにとって人としての成長のきっかけになるでしょうし、周囲からの信頼が高まり、人脈なども飛躍的に広がっていくでしょう。躊躇しないで「はい!」と快く引き受けてみましょう。

恋愛に関しては、仕事への比重が高まってくるのであまり恋愛モードにはなりにくいかも。交際中のあなたも仕事のやりくりとパートナーシップがテーマになってくる予感、慌ただしいかもしれませんがいかに折り合いをつけていくかを目指していきましょう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(アシュレーシャ):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は水星、隠れたもの、深くて見えないものと関わるナクシャトラです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する