腰痛にならない!目覚めからの正しい「起き上がり方」とは

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

腰痛にならない!目覚めからの正しい「起き上がり方」とは

雑誌『ヨガジャーナル日本版』69号の特集「50歳からの自重筋トレ」取材時に聞いた、朝、目覚めてからの正しい起き上がり方を紹介します。教えてくれたのは、ヨーガ講師の近藤真由美さん。

横向きからゆっくり起き上がると腰の負担が軽減

朝、目覚めてベッドから起き上がるとき、どのように体を起こしていますか? 仰向けの状態から急にガバッと体を起こしてしまうと、じつは腰を痛めてしまうことがあるのです。寝ている間は筋肉も休んでいます。さらに体の血流もゆっくりとなっていて、脚や腰に力が入らない状態。なので、急に体を動かすと関節や筋肉に負担がかかってしまうのです。

正しい起き上がり方のポイントは?

①  腰から起き上がらない 

②  ゆっくり起きる 

③    頭は最後に持ち上げる

この起き上がり方は、ヨガレッスンの最後に行うシャヴァーサナからの起き上がり方も同じ。いつもなんとなく起き上がっていた人も参考にしてみて!

行い方
1.脚は腰幅ぐらいに開き、両手もリラックスして体の横に伸ばす。

腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
model by Mayumi Kondo

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
腰痛にならない! 目覚めからの正しい「起き上がり方」とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する