獅子座 12/26~1/10の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

獅子座 12/26~1/10の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2019-12-26

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

獅子座 8/17 – 9/16

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

獅子座/Illustration by Nanayo Suzuki
獅子座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

12月26日は射手座で新月、ラーフ-ケートゥ軸に重なるため日食になります。ナクシャトラ(※1)はムーラ(※2)、破壊神であるニルリティが支配し、シンボルは根っこ、地下にのびる根です。ものごとの本質に関わり、真理の追究や強い信念などという意味合いがあり、哲学的な要素が強いナクシャトラです、今回の新月は日食のため、たいへんパワフル、本質的なところで起きる根源的な変化、転換期であり、2020年にかけて新たな始まりが予見される今年最後の新月です。

26日は射手座で新月、獅子座のあなたにとっては5室であり、趣味や楽しいことへ向かいたくなる時、好きなアーティストのコンサートや映画、美術館へ行くなど心を充足させることへと意識を向けてみましょう。新たな発見がある予感があるし、それが仕事へと繋がっていきそうな暗示もあります。

仕事に関しては、転機が訪れている方もいらっしゃるでしょう、新たな方向へのお誘いが来たり、きっかけが訪れたら動いてみたい時、今以上にあなたの才能が活かせる場へ向かえるかも。躊躇しないで一歩踏み出してみましょう。

恋愛に関しては、腐れ縁だったり、煮詰まりつつある関係を続けているあなたはここでスッパリと別れを切り出してもいいでしょう。無理して関係を続けていくよりはひとまず一人になってみることで見えてくるものや感じるものがありそうです。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(ムーラ):27ナクシャトラの中の1つ、支配星はケートゥ、本質的なもの、根源的なものをあらわすナクシャトラです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する