バストトップの透け、主張に注意!運動用ブラで気を付けたい4つのこと

Getty Images

バストトップの透け、主張に注意!運動用ブラで気を付けたい4つのこと

高木沙織
高木沙織
2019-12-10

「Tシャツやタンクトップは着ない!」、という“ブラトップ1枚派”のヨギが気を付けたいこと。それは、“バストトップの主張”です。バストトップの部分は自分で覗き込むようにチェックをしてもその全容がなかなか見えてきません。これは、ブラトップ着用時にも同じことが言えます。「上から自分が見た状態」と「正面から人に見られる状態」は異なるのです。みなさんは、次のようなブラトップの着用でバストトップを目立たせ、周囲の人をギョッとさせていませんか?

1.カップが薄い

運動用のブラトップにも、バストを包むように覆ってくれるカップが付いているものがほとんどです。取り外しできるものもあれば、そうでないものもありますよね。もし、店舗でブラトップを購入するのならこのカップの厚さのチェックはマストです。みなさんご想像のとおり、カップに厚さがないものだとバストトップの凹凸が目立ち存在感が露わになってしまうから……。

では、気に入ったブラトップのカップが薄かったら?

・ヌーブラを着けてからブラトップを着用する(水陸両用のものだと汗をかいてもずれにくい)
・別売りのカップを購入して入れ替える、もしくは2重にしてブラトップを着用する

などの工夫をすると安心です。

オンラインショップで購入する場合はカップの厚さがわからないと思うので、万が一薄かったときは上記の対策を取るとよいでしょう。

2.カップの形がいびつ

取り外し可能なカップは、厚さがあっても形状がキレイな曲線でなくボコボコしていていびつな場合がよくあります。するとブラトップに響き、バストトップの位置が不自然な位置にあるように見えてしまいます。

最初はキレイな形をしていたカップも自宅で洗濯を繰り返すうちに形が崩れてきますので、購入後は洗濯機に入れずに手洗いをする、洗濯ばさみで挟まないといった細やかなお手入れをしてあげるとよいでしょう。

3.淡い色&薄い生地

続いてはブラトップの色。白やパステルカラーといった淡い色のブラトップを着用するときは、濃い色のものと比べて肌色の透け感が出やすいです。特に、着用時に引き伸ばされるバストの膨らみの部分は透け感が強く出やすいので、ものによってはバストトップが透けてしまう恐れが……。

「今時そんなブラトップ、あるの?」と思われたかもしれませんが、これまでに100着近くのヨガウェアを着てきた筆者。過去に、「これは透けてしまうのではないか……」、と不安を感じるブラトップと出会ったことがあります。

また、カップはしっかりしているものの、カップだけがやたらと透けて見えたりするような事態も避けたいところ。淡い色のブラトップは上にTシャツやタンクトップを重ね着することで透け感を気にせずに楽しむとよいのではないでしょうか。

色が濃いものであっても、生地が薄いと透け感が出ることがあるので試着をしたり、手で生地を軽く伸ばしたりして確認してみて。

4.柄の位置も重要

最後は柄の位置です。

柄がちょうどバストトップの位置にあると、意外と周囲の視線を集めやすいです。柄物のブラトップはオシャレで素敵なのですが、着用時にどのような柄がどの位置にくるのかをチェックしておくとよいかもしれませんね。

今回は、バストトップを主張させるあれこれについてお話ししました。お気に入りのブラトップを着て上からチェック。「よし!」と思ったはずなのに視線を集めて恥ずかしい思いをした……、なんてことがないように、これらの項目を頭の片隅に置いておくとよいでしょう。着用後は、大きな鏡で正面からチェックすることでバストトップの部分が気にならない状態なのかを確認し、スタジオへ!

ライター/高木 沙織
ヨガインストラクター。「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。“スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する