ダラダラ時間を有効活用!働く人のための「自分時間」の6つの使い方

Getty Images

ダラダラ時間を有効活用!働く人のための「自分時間」の6つの使い方

少しずつ太陽が沈む時間が早くなるこの季節、夕方でも既に暗く、つい一日がもう終わったという錯覚で長時間ダラダラ過ごしてしまいがち。また、冬が近づくにつれて朝起きるのも辛くなりますね。この時期に少しでも自分の時間を有効に使うことで、春に大きな差が生まれます!有意義な自分時間に導くアイディアを、キャリアコンサルタントが提案します。

1.寄り道をする

まっすぐ帰宅、TVをつけて気づいたら夜中になっている…そんな人も多いはず。仕事帰り、敢えて寄り道をしてみましょう。本屋さんや図書館、一度行ってみたかったカフェや新しくオープンしたヨガ教室など、普段行かない場所に行ってみると気分転換になります。ナイトウォークと称して帰宅時に歩く距離を伸ばしてみるのも気候の良い今にピッタリ!

2.自宅の居心地を良くする

これまで溜まっていた片付けや家事をしたりクローゼットの整理やインテリアの模様替えをしたりすると、おうちも気持ちもスッキリします。帰宅してからの時間が楽しくなると自分時間を楽しむモチベーションが上がります。

3.仲間をつくる

一人ではなかなか生活パターンを変えるのが億劫だという人は同僚や友人を誘ってみましょう。一緒に活動するのもいいですし、自宅に友人を招くのを目標にして家の片付けをするのもいいですね!
 

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する