平日もヨガ時間もしっかり確保したい!早く帰るためにできるオフィスの振る舞いテク

Getty Images

平日もヨガ時間もしっかり確保したい!早く帰るためにできるオフィスの振る舞いテク

KANA ITO
KANA ITO
2018-09-13

「今日こそは仕事帰りにヨガにいくぞ!」と思っていても、ズルズルと仕事が長引いたり、帰り際に話しかけられて、結局レッスンに行きそびれることもしばしば。そんな時は、仕事のスケジュール管理を見直して、自分の時間をしっかり確保できる工夫をしてみましょう。

1.「早く帰るキャラ」を作り「早く帰る宣言」をする

なかなか帰れない理由は、実は仕事の量ではなく、あなたの内側にある罪悪感。「みんな頑張って仕事しているのに、私だけ早く帰るのは申し訳ない」という気持ちが、なんとなくズルズルとしてしまう仕事を許していませんか?まずは、ヨガに行きやすい環境をつくって、早く帰ることの罪悪感を持たないようにしましょう。できることは「私はヨガのために帰ります」宣言。「私は○○の理由でヨガも頑張りたいと思っている!」ということを宣言するだけでも、周りの見る目が変わってきます。さらに次の日は元気に仕事をしたり効果を実感していることや、それが周りにもいい影響を与えている、ということを周囲に話すことで、さらに応援も得やすくなるでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する