自撮りが恥ずかしくなくなる! 素敵なヨガシーンを撮影するコツ

Getty Images

自撮りが恥ずかしくなくなる! 素敵なヨガシーンを撮影するコツ

高木沙織
高木沙織
2019-11-05

ヨガインストラクターやヨガを楽しむ人たちのSNSを見ると、とても素敵なヨガシーンの写真が投稿されていますよね。アーサナも顔のアップの写真もじっくりと見入ってしまうようなものばかり。しかもそれが、“自撮り”だったりするからビックリです。 一度は挑戦してみたい「ヨガシーンの自撮り」。ですが、ハードルが高くて自分には無理かもしれないと思っている人は次の項目を参考にしてみて。

1 「恥ずかしさ」を捨てる

自撮りをするときの第一の関門。それは、「まわりから“自撮りをしている”と思われるのが恥ずかしい」という気持ちをどう捨て去るかです。日頃から自撮りをする機会があまりない人の多くは、このような気持ちから行動にストップがかかってしまうのかもしれません。

ヨガシーンの自撮りは、カフェや旅先での自撮りとは異なり、ピース・100%の笑顔は封印したほうが素敵に映りますが、なかなか雰囲気を出すのが難しいものです。しかもヨガポーズもウェア姿も目立ちますから、なおさらハードルが高く感じるのではないでしょうか。今でこそすました顔で撮影をする筆者も、最初の頃はヨガシーンの自撮りは恥ずかしさとの戦いでした。

では、この恥ずかしさをどうやって捨て去ったらいいのでしょうか。

誰も気にしていないと思う

自撮りをしている人を見ても珍しく感じない時代です。「誰も気にしていない」と開き直ってもよいでしょう。人は、自分が思うほど見てきていませんよ。

ただしこれは、安全な場所で人に迷惑をかけずに自撮りをすることが前提。危険・目立つ場所での自撮りは違った意味で注目を集めてしまいます。

ひとりの空間で撮影

どうしても人に見られることに抵抗がある人は、他人がいない空間での撮影を。例えば、ほかの生徒さんよりも早くスタジオに入って撮影をする、自宅にヨガスペースを作って撮影をする、人気のない公園・ビーチなどで撮影をする(女性の場合は安全面を考慮した場所選びを)など。

照れがなくなり、自然な一枚が撮れるでしょう。

自撮りしている人の近くで自撮りをする

自撮りをしている人がいると、「私も!」と途端に心強く感じるものです。自撮りをしている人の近くで(邪魔にならない範囲で)撮影をするのも恥ずかしさを捨て去るひとつの方法です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する