毎朝30秒の習慣|あごラインをスッキリさせる小顔ストレッチ

Getty Images

毎朝30秒の習慣|あごラインをスッキリさせる小顔ストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-10-23

昨日のお酒が残っていて顔がパンパン!寝不足でなんとなく顔がぼけている…なんて朝は、あごのラインをスッキリさせてからお化粧にとりかかりませんか?たった30秒なので、忙しい日でも取り入れやすいはず!

顔のむくみの原因とは?

目もとがパンパン!二重あごでぽっちゃり…そんな顔を鏡で見るだけで、1日の始まりがどんより気分になりますよね。顔むくみの原因は、顔の血流やリンパの滞り。あなたの顔むくみの原因は何でしょうか?

前日のお酒の飲みすぎ→アルコールにより水分処理がうまくいかずむくんでしまっている
枕が合わない→寝返りが上手に打てず、同じ姿勢で長時間いることで血行が悪くなりむくみやすくなっている
寝不足・疲労→体が疲れていることにより体全体の代謝が低下し、むくんでしまっている
塩分の取りすぎ→体内の塩分濃度のバランスが崩れ、水分をため込もうという作用からむくみやすくなっている

お化粧前にすぐにできるストレッチ

お化粧前に30秒。首元ストレッチで顔周りの巡りをよくしましょう。

1.首の前をストレッチする

両手のひらを、鎖骨の下あたりに当てて、下方向に押し下げます。顎を天井方向に上げて、首の前側をストレッチしましょう。頭を後ろに下げようとすると、首の後ろが圧迫されてつらく感じてしまいます。首を斜め上に上げるようなイメージで行いましょう。また、呼吸を止めないように行うことも大切です。

顔のむくみストレッチ
手のひらは下方向に押し下げ、顎は斜め上方向に引っ張ります

2.首の動かす筋肉をストレッチする

横を向いたときに、耳の後ろから鎖骨あたりにかけて盛り上がって見える筋肉(胸鎖乳突筋)をストレッチします。左手のひらを右の鎖骨の下に置き、右手をその上に重ねます。斜め下(わきの下)方向に手を押し下げながら、顎を斜め左上方向に上げます。手のひらと顎で引っ張り合いをしましょう。顎の位置がよくわからないという時は、色々な角度に動かしてみて、気持ちよくストレッチが入る位置を探してみましょう。

数呼吸したら、逆側を行います。右手のひらを左側の鎖骨の下に置き、その上に左手を重ね、顎を右斜め上方向に上げましょう。

顔のむくみストレッチ
わきの下方向に引っ張ります
顔のむくみストレッチ
左右とも同様に行いましょう

※めまいや頭痛がする、または気持ちが悪いと感じる時は、すぐにストレッチを中止しましょう。

生活習慣の見直しも

朝のストレッチを習慣にすることはもちろん大切ですが、顔むくみだけでなくふくらはぎや太ももなど、体のむくみは生活習慣を見直すことで改善していくことができます。体を冷やさないようにする、十分な水分を摂取する、塩分の取りすぎに注意する、適度な運動を行う、枕や布団を心地よいものに変えるなど、できることがから一つずつ始めてみましょう。

ライター/伊藤香奈
ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイで全米ヨガアライアンス200時間を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」とヨガライターの活動をスタート。ヨガインストラクター向けビジネス講座を毎月開催している。Instagram:@itokana45

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

顔のむくみストレッチ
顔のむくみストレッチ
顔のむくみストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する