ただポーズをとるだけではない?ヨガ練習で意識していること

AC hirobirock

ただポーズをとるだけではない?ヨガ練習で意識していること

ポーズを通して心身がすっきりできるヨガ。ただ無心に行うのも大切ですが、意識的に行う事でポーズの効果を高めることができます。『ヨガジャーナル日本版』でおなじみの人気ティーチャーたちに、どんなことを重視しているかを聞いてみました。

ヨガポーズ練習で大切にしていることは?

こだわりを手放し「感じる」ことを重視

すべてから自由であること。とかく技術や感覚を深めることを目標にしがちですが、そういったゴールへのこだわりからも自由であることを心掛け、「ただ感じる」ことを大切にしながら練習しています。(綿本彰先生)

できない自分を認めて弱点を避けずに練習

得意なものに頼らず、弱い部分を引き上げる練習を意識。得意だけで生きるのはもろく傲慢になりがち。(HANAE先生)

究極のオリジナル練習法を毎日行っています

自分で考えた「アルティメット・シークエンス」をやっています。アルティメットとは「究極」という意味で、30分ですべての練習が完了する究極の練習法です。さらに腕立て100回、腹筋100回、懸垂50回も欠かしません。バランスよく体を鍛えることが、心の安定につながります。(乳井真介先生)

完全なリラックスを目指して呼吸を重視

すばり「呼吸」。リラックスするには深い呼吸が不可欠。細胞や骨の間まで新鮮な空気を行き渡らせるイメージで、呼吸に意識を向けてアーサナをします。(柳本和也先生)

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する