食養生から月光を浴びた水まで…ヨガする人のお気に入りフード&食事法とは

yoga Journal 日本版

食養生から月光を浴びた水まで…ヨガする人のお気に入りフード&食事法とは

日々のインナーケアにも余念がないヨガインストラクターたち。普段の飲食で心がけていることや、摂取しているものは?

ヨガインストラクターたちのお気に入りフード&食事法

月光を浴びた水

銅製のボトルに入れた水を月光が差し込む窓辺へ。朝飲むと前向きな力に満たされます。(向井田みお先生)

speed
月光を浴びた水

穀菜食

穀菜食で体と食べ物の陰陽バランスをとる食養生を実践しています。写真は手づくりのマクロビ弁当。(川畑友季湖先生)

AMに
穀菜食

ナチュラル・ハイジーン

本を参考に「果物は生命の必要条件を満たす完全な食べ物」と考える食事法を継続。新鮮な果物と野菜が中心です。(乳井真介先生)

あ
ナチュラル・ハイジーン

ご飯とお味噌汁

パンはあまり食べずお米派。自炊では味噌汁を欠かさず、飲まない日が続くと肌ツヤが悪く感じるほど。(酒見駿介先生)

AMに
ご飯とお味噌汁

 

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

speed
AMに
あ
AMに
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する