もう一歩ヨガに踏み込みたい!人と競ってしまう…学ぶ姿勢にまつわるヒント

Getty Images

もう一歩ヨガに踏み込みたい!人と競ってしまう…学ぶ姿勢にまつわるヒント

疑問を持つことは、ヨガに興味を持ち始めている証拠。ヨガをもっと好きになり長く続けてほしいから、クラスの先生にはなかなか聞けない素朴な疑問をまとめて解決します!

できないポーズが多くて恥ずかしいです…

「恥ずかしい」と感じる気持ちが上達の第一歩!

その気持ちを受け入れ、できない原因を自分で追求し答えが出ればやる気になれます。いちばんもったいないのは、自分をごまかして逃げること。恥ずかしさを練習の原動力に! 続けることで、できないポーズが一つひとつ減っていくはずです。(ゴウ先生)

レッスン中、ついつい人と競ってしまいます

自分の体に意識を向けたら、人が気にならなくなりますよ

呼吸を通して体に意識を向けるようにしましょう。ストレッチされている部分に呼吸を届けると、外に向いていた意識が内側へと向かい、まわりが気にならなくなるはずですよ。(相楽先生)

いろんな先生に習ってもいいのでしょうか?

真の指導者に巡り合うまでは、いろいろな先生に習っても

僕の場合も、多彩な先生に習い、さまざまな要素が今の「佐藤ゴウ」を形づくっていると感じています。また、ひとりの先生に固執すると視野が狭くなることも。真の指導者に出会う過程も楽しみながら、探してみてはいかがでしょう。(ゴウ先生)

photos by Shoko Matsuhashi、Kenji Yamada、Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
illustration by Misako Nakagawa
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する