「プラごみ」を減らすヒント|サステナブルな心地よい暮らしのために

Mai Sato

「プラごみ」を減らすヒント|サステナブルな心地よい暮らしのために

佐藤 舞
佐藤 舞
2019-07-25

ヨガを取り入れた生活を送ると、心身がキレイになっていき、自然と日々の暮らしの中で、環境を配慮したクリーンな暮らしを送りたいという想いが出てくる方も多いのではないでしょうか。 近年、日々の生活の中で、「使い捨てプラスチック製品」の使用が増加し、「使い捨てプラスチック問題」に対する世界の認識はますます強まっています。「プラスチックフリー」や「ノープラ」というプラスチック製品の使用を削減していこうという言葉がじわじわと拡がりつつあります。ちょっとした簡単な工夫で、身近なところから、使い捨てプラスチックの無駄遣いを減らし、心地よいクリーンな暮らしための「ヒント」をご紹介します。

「エコバック」を持ってお買い物をしよう!

先日、東京・青山の都市型マルシェ「青山ファーマーズマーケット」の新プロジェクトとして、「NAKED~waste less market」が開催されました。この新プロジェクトは、プラスチックゴミを出さないように余分な梱包や袋を一切なしにして、エコバックや、容器、空き瓶など自宅にあるものを持参して、お買い物をしようというエコロジーなプロジェクト。有機野菜や、ナッツ、卵、オリーブオイルや、ワインまで、ありのままの姿で必要な分だけ持ち帰ることが出来る量り売りマーケットです。
マルシェに並ぶ新鮮な野菜は、ビニールで梱包されていないので、まるで呼吸をしているかのように、食材のエネルギーが溢れ、生き生きとしたありのままの姿のマーケット。レジ袋をがなくなることは、生産者にとってもコスト削減になり、環境面での負荷が軽減され、そして、人にも環境にも優しくなる活動に繋がります。

一説によると、毎年50億から1兆ものプラスチック袋が世界中で使用されている実態です。自然に分解されないプラスチックを使い続け、プラスチックゴミを増やしていったら自然への負担が増していってしまいます。身近なところから始めるエコロジーな活動の一つとして、お買い物時には、「エコバック」を持ち歩く習慣を始めてみませんか?

NAKED~waste less market
NAKED~waste less market
market2
ナッツ、ドライトマトの量り売り!まるで海外のマーケットみたい
market
籠に食材を好きな分だけ量ってお買い物。生産者さんとの会話も楽しい!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

market2
market4
market
market
NAKED~waste less market
wrap
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する