使ったCO2を帳消しに!「カーボンオフセット」のすすめ ♯未来のためにできること

BIGSTOCK

使ったCO2を帳消しに!「カーボンオフセット」のすすめ ♯未来のためにできること

湊亜弥子
湊亜弥子
2019-01-23

地球温暖化を止めるためにCO2を削減したい…そんな気持ちは山々だけれど、電気や家電の使用など、現代の暮らし方では毎日どうしても排出せざるを得ないCO2。いくら低炭素な暮らしを心がけても、残念ながらすべてを削減することは難しいものです。そこでオススメしたいのが「カーボンオフセット」。これは自分が排出したCO2量を視覚化して、その一部を帳消しにする取り組みで、2020年東京オリンピックでも取り入れられる注目のシステムです。

どのくらいCO2を排出しているか考えたことはありますか?

これまでに、毎日の暮らしで自分がどのくらいCO2を排出しているか、考えたことはありますか? 日常生活では家電製品の使用を含む電力の消費、給湯や冷暖房、マイカーの使用などが多く排出しますが、旅行や移動で利用する飛行機でもたくさんのCO2が排出されます。地球温暖化を加速させる温室効果ガス、つまりCO2の排出量は世界中で削減対策がさまざま実施されていますが、近年日本でも広まりつつあるのが「カーボンオフセット」です。

これは自分が出したカーボン=(炭素)の量を把握し、そのぶんCO2を減らすプロジェクトや自然エネルギー事業などに寄付・投資をしたり、環境保全活動などに貢献することでオフセット=プラスマイナス0にするというシステムです。イギリスをはじめとした欧州やアメリカ、オーストラリアなどではすでに取り組みが活発で、日本も2008年に環境省が「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」をまとめ、2012年から「カーボン・オフセット制度」が運営されています。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する