海ゴミは日常から ~街と海はつながっている~ ♯未来のためにできること

Getty Images

海ゴミは日常から ~街と海はつながっている~ ♯未来のためにできること

湊亜弥子
湊亜弥子
2018-12-06

街を歩いていると、道端にゴミが落ちている光景をよく目にしますよね。じつは街の散乱ゴミは、雨水によって川から海へと運ばれてしまい、これも海ごみになる原因のひとつ。街での暮らしも海とつながっている……ビーチクリーンだけでなく、街中でゴミを拾うことも海を汚さないためにできる大きな貢献です。

海や浜辺に流れ着くゴミの大半は、
じつは街から流れてきた生活ゴミ

海ゴミやビーチゴミは、私たちの社会が抱える大きな問題のひとつです。分かっていても、なかなかビーチクリーンに参加する機会もなく、都会で生活しているとどこか他人事のようでなんとなくスルーしてしまうことも少なくありません。

しかし、海や浜辺に流れ着くゴミの大半は、じつは街から流れてきた生活ゴミ。ビーチクリーンで回収されるものを見てみると、大量の空き缶やペットボトル、レジ袋、包装パッケージ、発泡スチロールなど、分解されないプラスチック製品や金物、家庭から出る生活ゴミが圧倒的。手軽にポイッと捨てられてしまいがちなキャンディーやお菓子の包装袋、タバコの吸い殻なども、浜辺のあちこちに散乱しています。なかには、洗剤や日用品の容器、注射器、看板やカラーコーン、タイヤなど、海辺とは無縁のものまで! 定期的にビーチクリーンを行ってもゴミの量はいっこうに減らず、「拾っても拾っても、また大量のゴミがビーチに……」と、頭を抱える声も多く聞こえてきます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する