自分にも環境にも優しい「地産地消」を見直そう ♯未来のためにできること

BIGSTOCK

自分にも環境にも優しい「地産地消」を見直そう ♯未来のためにできること

湊亜弥子
湊亜弥子
2019-01-30

ナチュラル&ヘルシー志向の方々を中心に広まっている「地産地消」。これは「地域生産、地域消費」の略で、その土地土地で生産された農水産物を、生産された地域で消費することをいいます。この「地産地消」は、新鮮で栄養価の高い食材をいただくことで健康面でメリットを得られるだけでなく、輸送エネルギーを節約してCO2排出を抑えられるので、環境にやさしい心がけにもなります!

「地産地消」を心がけて買い物できていますか?

日々の暮らしに欠かせない、食材選び。購入するときは値段や質、時期や産地などを基準にしているかと思います。食材はいまや日本全国から、海外もあらゆる国々から輸入され、どんなものでも簡単に手に入るようになりました。それによって料理の楽しさやグルメの幅がぐっと広がった嬉しい時代!
ですがエコの視点から見ると、遠方から運ばれたもの、とくに外国からの輸送食材は大きなエネルギーが消費され、そのぶんCO2の排出も多く伴っています。

日本は食料自給率が40%を割り込み、大量の食材を輸入に頼っている国です。食料の輸送が環境に与える負荷を「重量×輸送距離」で表したものをフードマイレージ」と呼び、この数値が大きいほど多くの燃料を使い、大量の二酸化炭素を排出していることになります。そして日本の輸入食料フードマイレージはといえば、なんと世界第1位! 2位の韓国の約3倍だそうで、国民1人あたりではイギリスの約2倍、ドイツ・フランスの約3~4倍、アメリカの約7倍…。主要先進国と比べて、日本のフードマイレージはとても高く、食料自給率を高めることが求められるなかで、私たちもなるべく心がけたいのが「地産地消」です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する