ヨガティーチャーとしてお金を稼ぐための3つの教訓

YJ US

ヨガティーチャーとしてお金を稼ぐための3つの教訓

ヨガと金銭的な豊かさは必ずしも同時に手に入るとは限りません。ある一人のヨガティーチャーが、負担となる経済的なバリアを打ち砕き、富を生み出すための教訓をシェアしてくれました。

コロラド州のロッキー山脈そばのリトリートセンターに滞在中、温かい湯船に雪が舞い降りてくる様子を見ながら、私はこう思いました。「どうやってこんな贅沢を手にしたんだっけ?」4日間の休暇を取り、山間にある温泉地でヨガメンターから学びながら、ゆったり過ごす時間というのは、自分がヨガティーチャーとして独り立ちした当時とは比べものにならないものでした。ヨガを指導し始めた頃、稼ぎが少ないことはしょっちゅうでした。食材を買うのも一苦労で、ガソリンスタンドに行った際には支払いが財布に入っている20ドルを超えないように祈り、健康保険(GULP)に加入する経済的な余裕がないことの不安にも次第に不思議と慣れてしまいました。

私はヨガの指導が好きでしたし、情熱を傾けていましたが、ヨガインストラクターとしての情熱と預貯金額とは全く合致しませんでした。企業を批判し、資本主義に後ろ指を指し、自分の魂を込めた仕事が過小評価されているという不公平感に悔しい思いをしました。しかしながら、ヨガスタジオを開いたばかりにも関わらず、現実問題としてヨガティーチャーとしての自分の価値は赤字状態でした。

By Clare Cui
Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する