あなたは浪費家?それとも倹約家?マネータイプ別おすすめのマントラ

あなたは浪費家?それとも倹約家?マネータイプ別おすすめのマントラ

MEGHAN RABBITT
MEGHAN RABBITT
2017-12-15

お金の使い方にはタイプがある。もしあなたが、お金にまつわる不安や悩みを抱えているなら、まずは自分のタイプを知ることから始めてみては? 財務アドバイザーでヨギでもあるブレント・ケッセル考案の「マネータイプ」と、タイプ別のマントラや練習法を紹介する。

事実、私たちは皆、お金と面白い関係にある。一人一人の経済生活は、それぞれ独自の経験と結びついているからだ。「これらの経験は、私たちがお金に対してある特定の、時には極端な反応を起こすように、その都度作用するのです」と、財務アドバイザーでヨギでもあるブレント・ケッセルは言う。ケッセルは、「マネータイプ」を考案した。これにより、いったい何が無意識レベルで自分の経済生活に影響を及ぼしているかを把握しやすくなるだろう。

自分のタイプを見極めるには(ほとんどの人は少なくとも2つ以上のタイプを併せ持っている)、次項にある「あなたは、_______」の欄で、お金に関する自分の感情と行動を、一番よく表している特徴を選ぼう。どうか正直に。そして、本質的には、どのタイプでも優劣はないという点を覚えておいてほしい。「これらの特徴は、経済生活において自分が成長すべき面だけでなく、変わらなくてよい面も教えてくれるでしょう」と、ケッセルは言う。自分の長所と短所がわかれば、その間でバランスをとれるようになる。「私たちが、アーサナ練習で腕力だけを鍛えないのと同様に、未発達な部分も鍛えて、経済活動の実践を高めていくことが重要です」とケッセルは語る。

自分のタイプがわかったら、ケッセルがすすめる練習を行って、自分の長所を伸ばし短所を抑えて、もっと安心して楽にお金と付き合おう。これが、充実した経済生活を送るための秘訣だ。

Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.48掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する