ヨガでお金をもらうことは悪いこと?【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

BIGSTOCK

ヨガでお金をもらうことは悪いこと?【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

yasushi
ヤスシ
2019-01-09

30年以上ニューヨークに暮らした経験からグローバルな見識を持ち、スタジオ・ヨギ―でエグゼクティブディレクターとして活躍する人気講師ヤスシ先生が、ヨガジャーナル編集部に寄せられた読者のヨガ的お悩みにアドバイスします。今回は「ヨガのビジネス化問題」など、ヨガにまつわる3つのお金問題について。

ヨガにまつわるお金の問題

Q1:インドでは、ヨガでお金をもらう発想はないと聞きます。アメリカではヨガのビジネス化が問題になっているようですが……。

A1:時代や文化と共に変化するのは、ヨガも同じです

アメリカのヨガはほとんどの場合ハタヨガを指し、ビジネスの形態を持っています。瞑想を主軸にした非営利団体などでは、運営は寄付によって賄われているのでしょう。

僕自身、アメリカでヨガがビジネス化する過程を見て抵抗があったと同時に、経験のある方から知識や技術を分けていただくことにお金が行き来するのは当然だと感じていました。プロフェッショナルたちがどのような研鑚を積み、そのために投資された時間やエネルギーを思うと、その方たちの生活は保障されるべきです。営利目的が大きく目立てば抵抗を感じますが、時代や文化とともにヨガの存在の仕方も変化せざるを得ないのかもしれません。

ヨガが多くの人の手に届くために新しい形態も必要なのでしょう。

これでいいのだ!

Text&photos by Yasushi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する