「先生」は自分の中にいる!?苦手なポーズへのチャレンジから学ぶこと

Getty Images

「先生」は自分の中にいる!?苦手なポーズへのチャレンジから学ぶこと

須藤玲子
須藤玲子
2019-06-18

身体は人それぞれみんな違うもの。身長、体重、柔軟性、骨格、筋肉のつき方まで誰一人として同じ人はいません。誰にでも得意なポーズもあれば、当然苦手なポーズもありますよね。「無理せず、自分のペースで!」と言うけれど、苦手なポーズに挑戦する気持ちはとても素晴らしいこと。そのチャレンジは私たちにいろいろな気づきや学びを与えてくれます。苦手なポーズとの向き合い方、そこから日常生活の中に生かせることはどんなことか、一緒に考えてみましょう。

ヨガのポーズから学ぶこと

ヨガのポーズをとる時にはいくつか大切にしたいポイントがあります。ポーズの安定感や、呼吸を止めないことはもちろん、常に快適で自分に集中できることが重要なポイントです。例えば、硬い表情や力み過ぎた身体は自分が無理をしていて、快適ではないことを教えてくれます。隣の人と比べてしまい心が折れた時は、今の自分に集中していないことを教えてくれます。ヨガのポーズは単なる形や筋肉運動ではなく、身体と心が快適であることの大切さを教えてくれているのです。

苦手なポーズと向き合う

誰でも好き嫌いや得手不得手があります。それは、ヨガのポーズについても同様です。でも、ちょっと待って!苦手だと思っているポーズとちゃんと向き合ったことはありますか?どうせムリだからと最初からチャレンジをあきらめていませんか?「やってみたら意外と心地よかった。」「何度かチャレンジするうちに好きなポーズになった。」など、単なる食わず嫌いや思い込みだったということもよくあることです。まずは先入観を持たず向き合ってみること。チャレンジをしましょう!ただし、いきなりネットやSNSで見るような映えるポーズを目指すのは逆効果。身体と心の快適さを目安に、自分なりのチャレンジをすることが大切です!難易度が高いと感じる場合は、インストラクターに軽減方法を聞いてみましょう。簡単なバージョンから始め、徐々に深めていくことをおススメします。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「先生」は自分の中にいる!?苦手なポーズへのチャレンジから学ぶこと
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する