簡単!ハッピーな脳の習慣「感謝日記」をつけてネガティブ思考から脱出

Heeki Park

簡単!ハッピーな脳の習慣「感謝日記」をつけてネガティブ思考から脱出

日本語・韓国語・英語・スペイン語が堪能、世界中を飛び回り、旅をしながらヨガを指導する、福岡「YOGABREEZE」のディレクターであり、NY発の「ジヴァムクティヨガ」のアドバンス指導者ヒッキーことパク ヒキさんによる連載。今回は、幸せな脳を作る「感謝日記」のつけ方や、実践された方の体験談をご紹介します。

ポジティブ思考な脳を作る簡単な習慣

「幸せな人生を送る知恵としてのヨガ」を実践し教えていく中で、私は師匠のシャロン・ギャノン先生とデイビッド・ライフ先生より精神を鍛えるための哲学の大切さを教えていただきました。変化や刺激、矛盾も多い現代社会を生きる中で、ヨーガ・スートラハタヨガプラディピカ、バガヴァッド・ギーターなどインドの古典からすこしずつ興味を持ちはじめ、数年前から学びの領域を現代の心理学(特に肯定心理学)に広げていきました。

きっかけになったのは、2006年からハーバード大学でそれまでに不動の人気だった経済学入門講座を抜いて人気講座となった肯定心理学のタール・ベン・シャハール教授の著書を読んだことです。健やかな心身、自分の身のまわりに起きることをポジティブに受け入れながら幸せな人生を送るために、何が必要でどうすれば良いのか。ヨガを実践していく中で簡単な心理学的アプローチを実践し、納得したものを生徒さんたちに紹介してきました。

今回のコラムでは、肯定心理学から学んだ幸福な人生を可能にする実践法の一つ、ポジティブ思考な脳を作る簡単な習慣をご紹介しようと思います。

これは子供でもできるほどとても簡単で、かつ、日常的なストレスと向き合う効果的な方法です。私自身も実践してみて納得し生徒さんたちにもおすすめしており、実際にとても良い反響を得ている方法でもあります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する