「踏ん張り立ち」になっていない?姿勢を矯正し美しい立ち姿に導くヨガポーズ

Getty Images

「踏ん張り立ち」になっていない?姿勢を矯正し美しい立ち姿に導くヨガポーズ

まっすぐ立っているつもりでも、後ろから見たときに踏ん張って立っているように見えてしまう人がいます。自分では気が付いていないだけで、もしかしたらあなたもそうなっているかも?今回は年齢が出やすい「立ち姿」を美しくするヨガポーズをご紹介。

気がつくと踏ん張り立ちになってしまう人は「山のポーズ」がおすすめ!「背中に壁」をイメージして立とう

頭を高く保ち、姿勢の歪みを矯正

踏ん張ってしまうのは膝が曲がり腰が引けているから。太腿を引き締めて、頭の位置を高くすることを意識づけましょう。普段立つときも、背面に壁があるイメージを忘れずに。

ポーズのための準備

①ブロックを挟んで立ち内腿の筋肉を意識

膝を伸ばして真っすぐ立つために、内腿にブロックを挟み、持ち上げる意識で30秒立つ。

山のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

②足裏と指先で床をしっかり踏み込む

5本指を持ち上げて、親指だけ床に下ろす。拇子球に重心を乗せたら残り4本を開いて下ろそう。

山のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

足先をクローズアップ

山のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

 

山のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

 

山のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
「50歳からは股関節がすべて!」(セブン&アイ出版)掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

山のポーズ
山のポーズ
山のポーズ
山のポーズ
山のポーズ
山のポーズ
山のポーズ
山のポーズNG
山のポーズNG
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する