正しい姿勢に必要な筋肉を鍛える!効果的な3つの方法

PIXTA

正しい姿勢に必要な筋肉を鍛える!効果的な3つの方法

立位のポーズをはじめ、「立つ」という行為は、脚と体幹が重要な役割を担っている。股関節やハムストリングが柔軟な人は立位のポーズを簡単にこなせるが、逆にポーズが深く入りすぎてしまい、腰や足、膝などを痛めてしまう可能性もある。脚と体幹に効く簡単な筋トレをご紹介しよう。ラクに正しい姿勢をキープできるようになるはずだ。

ダンベルを用いたランジ

進め方

正しい姿勢をキープするのに効果的な3つの筋トレ
(Illustrations by Mckibillo)

ダンベルをひとつずつ持ち、ターダーサナ山のポーズ)で立つ。大きく息を吸って、息を長く吐きながら右足を前に踏み出してランジ。

このとき、右太腿とすねが直角になるように。右膝と腰の外側を正面に向ける。後ろの左足のかかとを上げて、膝を曲げ、大きく息を吸う。吐きながら体幹を使って右足をターダーサナの位置に戻す。左足でも繰り返し、これで1サイクル。10~12サイクルで1セットとし、3セット行う。

効果のある部位

大腿四頭筋、ハムストリング

注意すべきこと

・両膝に負担がかかるようであれば、ダンベ ルなしでランジを行う。膝が足首よりも前に出たり、内側に傾かないように注意する。

・前に踏み出すときは、恥骨を引き上げて下腹部を引き締め、腰をサポートする。

 

ウェイトを用いたナーヴァーサナ

進め方

正しい姿勢をキープするのに効果的な3つの筋トレ
(Illustrations by Mckibillo)

両膝を曲げて床に座り、両足をぴったり床につける。両手にひとつずつウェイトを持ち、 胸に近づける。足首を交差させ、足はフレックスに。息を大きく吸い、吐きながらかかと をお尻に引きよせて、両膝をよせる。腰を床から引き上げて、背骨全体を長く保つ。この ままキープしてもよいし、かかとを床から浮かせてもよい。さらにチャレンジしたい場合 は、両腕を前に伸ばす。姿勢をホールドしたまま深い呼吸を8回。最後に息を吐き、足首 を組みかえて、さらに8呼吸。

効果のある部位

腹直筋

注意すべき点

・腰に負担を感じたら、坐骨の下にブランケットを敷くか、あるいは背骨を壁につけて もよい。

Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.25

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

正しい姿勢をキープするのに効果的な3つの筋トレ
正しい姿勢をキープするのに効果的な3つの筋トレ
正しい姿勢をキープするのに効果的な3つの筋トレ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する