ヨガインストラクターになって初めてわかった意外な支出&収入とは|ぶっちゃけ座談会

ヨガインストラクターぶっちゃけ座談会

ヨガインストラクターになって初めてわかった意外な支出&収入とは|ぶっちゃけ座談会

ヨガを仕事にするためにも避けて通れないトピックが「お金」。そこで7名のヨガインストラクターが赤裸々トーク!今回は「意外な支出と収入」について。

支出の意外な落とし穴!

編集部 こんな支出があるとは!と思ったのは何ですか?
Gさん 意外な支出という意味では交通費かな。
Fさん 確かに。ギャラに込みの場合が多いですよね。
Gさん スタジオが遠いとそれだけでかなりの出費になっちゃうから、都内だったら頑張って自転車で回っている友人もいます。
Eさん 私が教えていたスタジオは、ネイルとまつげをきちんとケアしている先生のほうが、素朴な先生よりも人気が高かったんです。だから見た目をキレイに整える美容費がバカになりませんでした。
Bさん 私の場合はウェアかな。ホットヨガはウェアの消耗スピードが速いんですよ。1クラス終わると汗だくだから着替えが必要だし、毎日ガンガン洗濯してもスタジオ独特の臭いが染み込んで、すぐダメになる。
Gさん わかる〜!だから高いウェアはもったいなくて、ファストファッションのものを愛用しています。「生徒さんのほうがいいウェアを着てる」っていうのは、ヨガインストラクターのあるあるかも!
Aさん 私は自主開催をすることも多いので、生徒さんが忘れたとき用のマットやプロップス。あとは、子連れの方もいらっしゃるので、ベビーシッターさんへのギャラやおもちゃ、遊ぶスペース用の敷物とか……。一度揃えてしまえばいいんだけど、初期費用が必要でしたね。また集客のために、ちゃんとしたチラシをプロの方にお願いして作ってもらったりもしています。なので、デザイン料や印刷代なんかも必要ですね。
Dさん フリーでやっていると、そういう出費がありますね。

Photos by Hiromi Hashimura
Text by Megumi Nishijima
良いヨガインストラクターになるには 掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する