ヨガ留学するなら語学の習得から始めるべき?

PIXTA

ヨガ留学するなら語学の習得から始めるべき?

綿本彰
綿本彰
2017-12-17

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰先生が読者のお悩みに答える連載。今回は「ヨガ留学をするためには、先に語学を学ぶべきか」というお悩みに、綿本先生がアドバイス。

ヨガティーチャーを目指す人なら一度は悩んだであろう「留学すべきか否か」。ヨガ発祥の地・インドで学ぶべきか、はたまたヨガ先進国アメリカで学ぶべきかという選択に加え、言葉に自信がないのに留学してしまって大丈夫なのか…ヨガ留学における不安は尽きない。ヨガ留学の是非、さらには語学を学ぶことの意味などについて、綿本先生に意見を聞いてみた。

語学を学ぶことと同じぐらい、海外で学ぶ意味を見つけることが大事

もしたっぷりと時間があるならば、語学からみっちり学ばれるのもよいと思います。ヨガの古典を学ぶには、まずはサンスクリット語の勉強からと言うように、本当に意味のあることだと思います。同時に、なぜアメリカやインドで勉強したいのかということを、今一度考えられることもご提案したいと思います。少し以前とは違い、アメリカやインドでしっかりとヨガを学んだ、素晴らしい講師が日本にもたくさんいますし、海外講師によるさまざまなワークショップも通訳付きで開催されています。

yoga Journal日本版Vol.22掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する