離婚後の共同育児を平和に行うには?~ヨガ的離婚ガイド~

YJ US

離婚後の共同育児を平和に行うには?~ヨガ的離婚ガイド~

ヨガティーチャーであるエレナ・ブラウワーと弁護士のガブリエル・ハートレイは彼らの著書「Better Apart」の中で、うまく離婚を乗り越え、立ち直る方法について紹介しています。今回は、離婚後もお互いを思いやり、尊重しながら、透明性と心に余裕を持って共同育児を行う方法について、また離婚後お互いを許すことの大切さについて語りました。

夫婦関係に亀裂が入ると、ヨガのプラクティス中のような意識で共同育児することは難しいもの。しかしそれを可能にする方法はあります。今回はその方法をご紹介します。

たいていの人にとって、別れや離婚を経験すると、猜疑心や恐れ、不安、怒りで心がかき乱されるでしょう。何日も、何ヶ月も、そして何年もの間、心に抱える不安や懸念が浮上し始め、そして当初はその心の混乱は乗り切ることができないように感じることでしょう。

育児に関しては、子供の心と体のニーズを優先することが重要です。そして可能であれば最優先事項にしたいものです。忍耐、思いやり、透明性、平和、そして許しという観点から共同育児を行う方法について考えてみましょう。

by ELENA BROWER
Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

手をつなぐ
Better Apart
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する