姿勢を正すと逆に苦しくなる人のためのアドバイス

PIXTA

姿勢を正すと逆に苦しくなる人のためのアドバイス

綿本彰
綿本彰
2017-12-11

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰先生が読者のお悩みに答える連載。今回は「姿勢をよくすると苦しくなる」というヨガビギナーに、綿本先生がアドバイス!

「姿勢をよくすると苦しい」というヨガビギナーの読者。特に「ターダーサナ山のポーズ)をすると息苦しくなる」のだそう。綿本先生のアドバイスとは。

無理して矯正せず、のんびりと本来の姿勢へ

姿勢を保持する筋力が低下し、理想姿勢を妨げる形で筋肉が固まっているのだと思います。そんなときは無理して姿勢を正そうとせず、呼吸が楽になるところまで戻り、飛び上がるくらいうれしい出来事を思い出して、そのときに起きる身体反応を再現してみてください。大声で叫びたくなるくらいにお腹の奥に力がみなぎり、上半身が軽くなって胸の周辺がゆるみ、呼吸が解放されていく感じです。

姿勢をよくすると逆に苦しくなる人のためのアドバイス
(Photo by PIXTA)

本当にいい姿勢とは、頭で考えた理想の形に筋肉の力で近づくのではなく、内側から流れとして沸き起こってくるもの。あまり形にこだわりすぎることなく、イメージなどの力を借りながら、のんびりと本来の姿勢を取り戻してくださいね。

yoga Journal日本版Vol.42掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

姿勢をよくすると逆に苦しくなる人のためのアドバイス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する