股関節が痛くて思ったように動けない

PIXTA

「股関節が痛い…」思うように動けない人へのアドバイス

綿本彰
綿本彰
2017-11-23

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰先生が読者の悩みに答える連載。今回は、股関節など体が硬くて思うように動けないことに悩む読者にアドバイス!

「股関節が痛くて太ももが床と平行より上にあがりません」と悩む読者。もっと動かすためにどうすればよいのか?綿本先生が答える。

体への思いやりを持つことから始めよう

太ももの前面の筋力が弱いか、股関節の前面での骨の圧迫が起きている、また太ももの背面の筋肉が硬いことが原因だと思います。いずれも場合も、太ももから股関節、下腹部の奥あたりで、どこの筋肉が伸び縮みしているかを「繊細に感じながら」ポーズを行い、痛まない範囲で繰り返し練習を繰り返すことで深まっていくと思います。

股関節が痛い…思うように動けないストレスと向き合うためのアドバイス
(Photo by PIXTA)

体が思い通りに動かないということは、体がその動きを望んでいないということ。嫌がっている相手に強要しても、不要な力みと衝突を生み出すだけでポーズは深まりません。体がいま何を頭に訴えようとしているのか、思いやりの気持ちを持ちながら練習していくことで、ポーズの深まりを早めることができますよ。

yoga Journal日本版Vol.40掲載

All photosこの記事の写真一覧

股関節が痛い…思うように動けないストレスと向き合うためのアドバイス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する