紅葉ヨガで秋を満喫しよう!

Getty Images

紅葉ヨガで秋を満喫しよう!

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-12-03

パークヨガやビーチヨガを楽しんだ夏が過ぎ、外で楽しむヨガも、身体を動かすことすらもご無沙汰になっていませんか?寒くなってきたとはいえ、昼間はまだぽかぽか陽気が心地よい季節。今だからこそ味わえる、秋の紅葉ヨガにでかけてみませんか?

紅葉を見ながらヨガ!持っていくものは?

秋の今しか楽しめないヨガ、それが紅葉を見ながらのヨガ。赤や黄色に染まったカラフルな景色の中で、冬に向かって澄んでくる空気を思いっきり吸い込んで、身体の芯からぽかぽかになりましょう!

紅葉ヨガに出かける時は、ヨガマットの代わりにブランケットや大きめの布を使ってみましょう。ふかふかの落ち葉の上にフワッと敷いて、足の裏で落ち葉の感覚を味わうのも、紅葉ヨガならでは。ブランケットの下でパリパリっと割れる葉の音や落ち葉がブランケットの上にひらひらと舞い落ちてくるのも、この季節にしか味わえないノスタルジックな気分を誘います。

紅葉ヨガにオススメのポーズ

寒くなるにつれて、寒さから肩が内側に丸まってしまい、姿勢が悪くなりがちに。まずは肩と胸を開いて、深く呼吸できるようにしましょう。

立った状態から、足を肩幅より広めに開きます。両腕を背中側に回して指をからめます。肩甲骨を寄せるようにして胸を開き、肩も後ろに引き、胸が上下するくらい大きく呼吸しましょう。余裕があれば、後ろで組んだ手を体から離すようにななめ下の方に引っ張ります。さらに胸が開く感覚が味わえます。

これだけでも、肩周りや胸に心地よいストレッチを感じられますが、もう少し刺激が欲しい場合は、手を組んだまま前屈して頭のてっぺんを大地に近づけるように下げます(体が柔らかい人は、頭頂が大地につくまで前屈します)。組んだ手を空の方向に上げて数呼吸しましょう。

ポーズが味わえたら、ゆっくりと立ち上がり、組んでいた手を解放します。

紅葉ヨガをもっと味わうポイント:景色の色も楽しんで

ヨガをする時は、身体の感覚に意識を向けやすくするため、目を閉じる人もいますが、紅葉ヨガではあえて目を開けて、景色の色を楽しみましょう。

春の桜も秋の紅葉も、その時しか味わえない期間限定のもの。季節ならではの色と景色をヨガと一緒に満喫してみては。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する