歪みやクセを内観!ヨガポーズ練習前に知っておきたい3つのヒント

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

歪みやクセを内観!ヨガポーズ練習前に知っておきたい3つのヒント

HINT2:背骨のラインが最優先

アーサナ上達の近道は背骨が伸びるところまで

ヨガの練習しているとつい完成形を目指したくなりますが、本来アーサナは、体の状態が整った人が初めて恩恵を受けられるようにできています。柔軟性のない人が、無理にポーズをとろうとして腰を丸めたり軸を歪ませたりするのは本末転倒。頭頂から背骨のラインを崩さずにとれる姿勢までが、自分にとってベストなアラインメントです。

メロディー洋子
ツイストポーズ/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

 

NG:ツイスト系ポーズで完成形を目指すと腰が丸まり首だけねじる形になってしまう。

メロディー洋子
ツイストポーズのNG/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

 

OK:手を床につく、膝に手をついて体を支えるなど、背筋が伸びるところまででストップするのが正解。

メロディー洋子
ツイストポーズ/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.50掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
足指のストレッチ
足指のストレッチ
足指のストレッチ
足指のストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する