植物療法士に聞いた|心と体のためのデリケートゾーンケア

Getty Images

植物療法士に聞いた|心と体のためのデリケートゾーンケア

「膣まわりは、女性としてきちんと向き合うべき場所」と話す、植物療法士・南上夕佳さん。なぜデリケートゾーンのケアは必要なのか、また具体的に「ケアする」とはどういうことなのか、お話しを伺いました。

デリケートゾーンとはどの部分?

「デリケートゾーンという言葉を最近聞くようになったけど、どの部分かわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。「陰毛が生えているVゾーンから会陰といわれるIライン、デリケートゾーンの中でも陰毛が生えているVIOゾーンは、特に汗線が集中し、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい場所です」(南上さん)

脱毛すべきその理由とは

「講座などで話を聞くのが『(陰毛があって)女性器が見えないから、女性器についてのケアがわからないからケアしない』という人がとても多いんです」と南上さん。特に日本の女性は小さい頃母親から「汚いから触っちゃだめ」と言われて育った人も多く、デリケートゾーンを見たり触ったりすること自体がNGと思いこみ、その結果、デリケートゾーンの手入れをおろそかにしている女性が多いようです。そうではなかったとしても、陰毛があることで洗い方が十分ではない人も多いよう。「自分ではしっかり洗っていると思っていても、毛があるのとないのとでは全然手の届き方が違います。ケアのしやすさ、清潔を保つためにも、陰毛の量を減らしたり毛の生えている範囲を小さくするVIO脱毛を私はおすすめしています」

Interview by Yuki Ikeda

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

デリケートゾーン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する