ヨガに行けなくてイライラするのは執着?

Getty Images

ヨガに行けなくてイライラするのは執着?

綿本彰
綿本彰
2018-11-16

日本を代表するヨガ指導者、綿本先生が読者のお悩みや疑問に答える連載。今回は「ヨガが楽しくて、用事があってヨガに行けないとイライラする」という読者の悩みについて。

今は執着で、ヨガの深みにハマってみるのもいいかも

用事があってヨガに行けなくてイライラする…それは間違いなく、執着です!でも安心してください(笑)。それは素敵なタイプの執着です。

執着には、苦しみに行きつくタイプのものと、苦しみを軽減していくタイプのものの2種類あります。

どちらの執着も、執着である限りは、達成すると一時的な満足感が得られ、だからこそ次にまたその満足感を得たくて執着が強まり、それが手に入らないと苦痛が生じます。

でも、悟りきっていない私たちは、そもそも執着ベースでしか動くことができず、また、ヨガや瞑想などへの執着は、私たちの心を無執着へと導いてくれるものなので、苦痛とは最も縁遠い執着だといえます。

ですから心配せず、このままぐいぐいとヨガの深みにハマっていただければと思います(笑)。

そしてできれば、ヨガに行けない日も、自分で練習をすることでイライラを軽減し、執着による副作用を解消できるといいですね。

教えてくれたのは…綿本彰先生

日本ヨーガ瞑想協会会長、綿本ヨーガスタジオ主宰。父である同協会名誉会長、故・綿本昇師からヨガを学ぶ。大学卒業後インドに渡り、各地でヨガ、アーユルヴェーダの研修をし、帰国。1994年にヨガの指導をスタート。www.yoga.jp

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する