立位のバランスポーズが決まる! 内転筋を収縮するワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

立位のバランスポーズが決まる! 内転筋を収縮するワーク

立位のバランスポーズが苦手...という方必見! 鍛えるべき筋肉を狙ったワークで軸が整うと、驚くほどポーズが安定しますよ。人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えていただきました!

立位のバランスポーズを安定させるプレワーク

内転筋を収縮するワークで重心が外にかかりやすい立位のバランスポーズの軸を安定させましょう。膝を曲げてツイストすることで軸足の準備に。

HOW TO

1.右膝を曲げて腰の高さまで上げる。胸の前で合掌し、顔を右に向けて右脚を左へねじる。

yoga1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

2.胸の前で合掌していた両手を、肩の高さで左右に広げてキープ。反対側も同様に行う。これを5呼吸キープ。

yoga2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

効かせるポイント

①足先の力を抜くと股関節の動きがスムーズに。内腿に意識を向け、内転筋をグーッと縮めながらツイストをかける。

②背中が丸くなったり、前かがみにならないように。骨盤~背中を真っすぐに伸ばし、上半身が動かないようにロック。背中が丸まってしまうとポーズの効果が得られない。骨盤を立たせて背筋を伸ばすことで効率よく筋肉を収縮できる。

 

教えてくれたのは…柳本和也先生
バリ島でヨガに出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハマクラ氏に師事。クラスのほか、イベントにも多数参加。辻堂でudaya yoga studioを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by JunJun
Model by Akane Satomi
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

yoga1
yoga2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する