内転筋を鍛える!ポーズの安定感を高める2つのワーク

SHOKO MATSUHASHI

内転筋を鍛える!ポーズの安定感を高める2つのワーク

バランスポーズで体がグラグラすることはありませんか? 重要なのは、下半身を強くすること。内転筋を引き締めると骨盤の位置が整い、重心をとりやすくなります。内転筋を鍛えることでポーズが安定するのはもちろん、立ち方や脚の形にもうれしい影響が!

内転筋の位置をチェック!

あ
(illustrations by Nana Suzuki)

太腿内側に位置し、骨盤を内側に引き寄せる内転筋。ここを強化すると骨盤が安定し、体の中心で重心をとれるようになります。

内転筋強化ワーク

1.押しあいながらかかとを上げる

内転筋を働かせ、前後に傾きがちな骨盤を正しい位置に整えるワーク。骨盤をまっすぐに立たせて、股関節近くの内転筋上部に意識を向けながら、筋肉を刺激しましょう。

HOW TO

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

1.両足のかかとをつけ、爪先を左右に45度ずつ外側に開く。爪先と膝の向きを同じにし、背筋を伸ばして立ち、両手を腰にあてる。

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

2.かかと同士を押し合いながら上げる。内転筋上部に意識を向けてキープ。肩が上がらないように上半身はリラックス。

これはNG

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

かかとを上げる時、両足のかかとが離れないように気をつけよう。かかとが離れた状態で脚を上げると、内転筋をきちんと使うことができず、ワークの効果が得られなくなる。

POINT

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

ワーク中、まっすぐに立っているつもりでも、骨盤が前傾し、反り腰になるケースが多い。骨盤が倒れないように、しっかり立たせ、お腹を引き上げながら背筋を伸ばす意識をしよう。

photos by Shoko Matsuhashi
text by Minako Noguchi
illustrations by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
あ
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する