逆転のポーズが苦手な人へのアドバイス

PIXTA

逆転のポーズが苦手な人へのアドバイス

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰さんが、ヨガにまつわる悩みに対してアドバイス。今回は、苦手なポーズとの向き合い方について。

逆転のポーズとは、たとえば鋤のポーズやハンドスタンド、クジャクの羽のポーズなど。「子どものころから運動嫌いで、逆転のポーズが苦手です。恐怖心に立ち向かうのもヨガだといいますが、どうすればよいでしょうか?」と悩むヨギに対して、綿本先生の考えとは?

自分自身と向き合いながら段階的に練習して

段階的に練習するのがおすすめです。例えば、立位前屈などの上半身だけの逆転に慣れたり、壁を使った肩立ちのポーズなどで段階的に下半身を逆転させたり。また、頭立ちのポーズなど、逆転バランスを克服したいようでしたら、まずは地に足をつけた状態で頭部の安定感を育んでみましょう。そして慣れてきたら片足だけ床から持ち上げてみます。そんなふうに段階的にポーズを深めながら、その際の自分自身の心身と向き合っていただきたいと思います。

逆転のポーズが苦手な人へのアドバイス
(Photo by PIXTA)


恐怖心は私たちに備わった大切な本能のひとつ。無理に立ち向かおうとせず、しっかりとその時の自分自身と向き合い、心や体の言い分に耳を傾けてあげることが大切だと思いますよ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

逆転のポーズが苦手な人へのアドバイス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する