ハードな動きナシ!衰えがちな内ももを鍛えるヨガ的トレーニング

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ハードな動きナシ!衰えがちな内ももを鍛えるヨガ的トレーニング

パンツがきつくなったなと思ったら、内もものたるみが原因だった…なんて経験はありませんか?内ももは鍛えにくい部分。どう引き締めればいいかわからないという人も多いようです。そこで内ももを刺激する方法を、スタジオ・ヨギー エグゼクティブディレクターのヤスシ先生に教えてもらいました。ハードな動きはないので、朝行うのもおすすめ!

衰えがちな内ももの筋肉を鍛え、太ももやせを実現!サイドレッグレイズ

HOW TO

1.右脚を下にして寝る。床に肘をつき、上体を起こし、左脚の膝を曲げて右脚の手前に置く。

あ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.お腹が下がらないように腹筋に力を入れ、太腿の付け根から右脚を持ち上げて床から離し3呼吸キープ。反対側も同様に行う。

A
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

3.1~2を5 回繰り返す。

 

教えてくれたのは...ヤスシ先生

スタジオ・ヨギーのエグゼクティブ・ディレクター。1987年よりニューヨーク在住。日米を往復しヨガ指導者として後進の育成に努める。

モデルを務めたのは...伊藤ニーナさん

「GINGER」(幻冬舎)、「CLASSY.」(光文社)など様々な雑誌で活躍中。「TOKYO GIRLS COLLECTION」など大型ファッションイベントにも多数出演している。

Instagram⇒@ninaitoh

 

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Mayumi Tsuchida(FIX-UP)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
A
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する