ヨガ初心者必見!ツライポーズが一気に深まるブロックの使い方4選

Getty Images

ヨガ初心者必見!ツライポーズが一気に深まるブロックの使い方4選

いまいち使い方がわからないブロック。人気講師の磯沙緒里先生曰く「正しい形をとれないときは積極的に使ってOK!」だそう。ポーズが安定しない、柔軟性が足りない、ツラすぎると感じているのに、無理してポーズの形が崩れると、けがをすることも。適切にヨガの効果が得られる4つの使い方をご紹介!

ねじったローランジで体がグラつき、十分ねじれない人は…

A:ブロックに手をついてねじり不足をカバーしよう

体幹が弱いと十分ねじれず、バランスが崩れて前かがみに。

あ
photo by Kenji Yamada

ブロックに手をついて体を支えると安定してラクに胸を開けます。

あ
photo by Kenji Yamada

山のポーズで姿勢が崩れる人は...

A:ブロックを太腿で挟み、内側重心の意識づけを

足の小指側に重心が偏るクセがあると体が安定せず、姿勢が崩れがち。

あ
photo by Kenji Yamada

ブロックを太腿で挟むと重心が親指側にも寄り、姿勢が整います。

あ
photo by Kenji Yamada

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi & Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する