【更年期のホットフラッシュ】「顔汗がひどい」「汗で眠れなくなる」気温が高い季節、有効な対策は

Adobe Stock

【更年期のホットフラッシュ】「顔汗がひどい」「汗で眠れなくなる」気温が高い季節、有効な対策は

高本玲代
高本玲代
2022-06-24

更年期と聞いてイメージするのは何でしょうか?イライラしている、のぼせて汗をかいている…そんなイメージを持つ人が多いと思いますが、実は肩こりや頭痛、疲れやすさも更年期症状なのです。そんな"知られざる更年期"について、更年期の方に向けたサービス「よりそる」を運営する高本玲代さんが綴るコラム連載です。高本さんご自身もまさに更年期世代。わかりやすい不調だけではない更年期の影響について、体験を交えてお話しいただきます。

気温が次第に上がってきましたね。更年期になるとホットフラッシュと言って汗が噴き出る症状が出る方がおられます。また、以前よりも汗かきになってきて、気温があがると顔汗がひどくなったり、夜は汗で眠れなくなるという声も多数あります。

そういう私も何をかくそう絶賛更年期中でその渦中にあるのですが、そんな中の工夫や対処法をお伝えします。

1.ホットフラッシュに効果があるとされるものを取り入れる

サプリではエクオールが有名ですが、婦人科で処方してもらえるホルモン治療、また漢方なども有効です。

サプリ
1.ホットフラッシュに効果があるとされるものを取り入れる

試しやすいのはサプリからですが、中には発汗の後熱を奪われて風邪をひいてしまうというほど深刻な方もおられるので、そういった方は医療機関につながって治療をしていくのがおススメです。

2.運動をする

英国のリバプール ジョン ムアーズ大学の研究で明らかになったのですが、ウォーキングがホットフラッシュを改善することがわかっています。

1回30分の運動を週に3回おこなうことから始め、徐々に回数を増やして最終的に週に5回、運動量を増やした結果、血圧と脳内血流が低下し、ホットフラッシュが改善したことが明らかになりました。

ウォーキング 更年期
2.運動をする

暑くなってきているので、私は朝起きたらウォーキングを毎日30分しています。もちろん汗はかきますが、そのあとのシャワーがめちゃくちゃ気持ちよくてマインドフルネスにもなります。

またウォーキングの効果はホットフラッシュだけではなく、体重増加の防止や心筋梗塞・脳卒中の防止や睡眠改善にもつながることがわかっているので、一石二鳥以上になります。

3.首に冷たいものをまく

今ネット通販では冷やして首に巻くようなものや中にはファンがついているものがあって、私はそちらを活用しています。

首を冷やすと結構涼しくなるのと汗が引くのでおすすめです。

冷感タオル
3.首に冷たいものをまく

4.過度に気にしない

100%の対応をしていても汗が出なくなる、ということはないかもしれません。でも過度に発汗を気にすると精神衛生上悪くなります。少なくとも良い汗をかけるように、運動をしたりすれば、汗も気持ちよく感じます。

汗そのものが悪い、というよりはその汗で極端に落ち込む状況が体に良くないので、対策を万全にしても発汗するのであれば、ある程度受け入れることも大事です。

また、対策する前と後で同じ環境での発汗状態がどれくらい変わったかを見てみると案外変わってきていることに気づきますよ。

特に更年期でメンタルをやられる人は物事のマイナスの面にフォーカスしてしまう傾向がありますので、ちょっとした進歩に気づく仕組みを作ったり、自分が対処してきたことをほめるようにしてくださいね。

photos by Adobe Stock

AUTHOR

高本玲代

高本玲代

フェムテック起業家。自身の鬱や更年期の経験から更年期女性向けプログラム「よりそる」を立ち上げる。個人向けサービスはNHK、全国紙など20社以上にて紹介され、トヨタをはじめとした上場企業含む1200社の福利厚生サービスとしても採用される。更に企業向け更年期研修としてデロイト・トーマツやPOLAなどに実績あり。更年期にどのように自分の心身を守るか、なども自身の経験やデータ・論文に基づいた内容をTwitterやInstagramで発信中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

サプリ
ウォーキング 更年期
冷感タオル
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する