「全ては皆が笑顔でいれるように」新居由梨さんインタビュー【わたしの、はじめの一歩】#02

Yuuko Konagai

「全ては皆が笑顔でいれるように」新居由梨さんインタビュー【わたしの、はじめの一歩】#02

関早保子
関早保子
2018-04-22

――ロンハーマンのプレスとして活躍後、様々な活動はどのようにスタートしたのでしょうか。

きっかけの話ではなくなってしまうかもしれませんが、私は何でもすぐに一歩を踏み出しちゃう人間なんです。きっと常識的には思いとどまる場面であっても、私はとりあえず一歩を踏み出してしまうタイプ。会社を辞める時も、その先が保障されているわけではなかったし、経験があったわけでもありませんでした。自慢できることではないけど、実はスタイリストや編集などについて勉強したわけでもありません。それでも、できないとは思っていなかったし、何とかなる!と思っていました。今考えるとずいぶん無謀なんですけどね 笑。自分のブランドも、洋服作りの背景も知らないまま、熱い思いだけでスタートしました。まずはスタートし、歩きながら必要なものを集めていく感じ。常にそうやって、歩いてきた。

――独立しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

結婚もひとつのきっかけでしたね。自分で自分の時間をコントロールしながら、様々なことに挑戦してみたかった。でもやってみたら、サラリーマンの時の方が自分の時間があったというのが正直なところ。ひとつの分野でなく、幅が広がったということもあり、結局今は土日もなく仕事ばかりしています。結婚当初は茅ヶ崎の方に引っ越し、趣味のサーフィンと寄り添った生活をしていたのですが、また都内に戻ってきました。
雑誌に関わる仕事をしたくて、『VERY』(光文社)や『GLAMOROUS』(講談社)にお世話になりました。信頼できる、大好きな方々がそこにいたから。独立して初めての仕事でLAに行かせてもらったり、皆さんに助けられながら、編集やライター、スタイリストとして学ばせて頂きました。

02
(Photo by Yuuko Konagai)

――そこからご自身のブランドを立ち上げることになったのは何故ですか?

私は新しいことを始めようと思うのが、大体3年周期でくるんです。3年くらいかけて吸収したものが自分のボトルにどんどん溜まり、また新たなボトルを登場させたくなる感じ。新しい環境になると、そこに自分をフィットさせようと、ものすごい勢いで吸収する作業が始まります。吸収したものが納得できるくらいのレベルに達するのが大体3年くらいなのだと思います。雑誌業界で得たものが溜まった時、自分の表現したいことを更に追求するために、「THE NEWHOUSE」を立ち上げました。そして今、実はブランド立ち上げからまた約3年が経ちました。そろそろうずうずし始めているところです 笑。

――もうそのうずうず計画はスタートしているということですね!

そうですね。これから本格的に活動が始まりますが、新しくドレスラインがスタートしたり、2019年からはまた別のブランド立ち上げを計画しています。

Interview:Sahoko Seki
Photo:Yuuko Konagai

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

01
02
03
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する