"怠け者だから"じゃない!人気トレーナーmikikoさんに聞いた「運動が続かない本当の理由」とは

"怠け者だから"じゃない!人気トレーナーmikikoさんに聞いた「運動が続かない本当の理由」とは

吉野なお
吉野なお
2022-01-14

「太っていることは不健康だから痩せた方がいい」という意見をよく目にします。でも、私はダイエットに対してストイックになるあまり、身も心も不調をきたしてしまった経験があります。ポジティブな自分になりたかったはずなのに、「とにかく痩せればいいんだ」という価値観にとらわれて、本当の意味で自分の心と体と付き合っていく方法を知らなかったのです。同じような経験をしている方も多いかもしれません。そこで今回は、SNSで「ダイエットの常識は9割が間違い!」と発信しているトレーナーmikikoさんにお話を伺いました。前・後編でお届けします。

フィットネスやダイエットは仕事や勉強とは違う

ーーダイエットというと、「努力の量」とか「もっと頑張れば」とか「毎日私が頑張らないから」ってなりがちなのすごくわかります。そういう時mikikoさんはどう答えるのでしょうか?

mikiko:「フィットネスやダイエットは、仕事や勉強とは違うんだよ」って言ってます。学校や仕事では「頑張ったら頑張った分だけ成果が出るから頑張り続けなさい」ってどこでも教わるけど、ダイエットやフィットネスでそれをやっちゃうと、頑張れば頑張るほどストレスになって、結果が出なくなるし、結果が出ても満足しない、いつまでも幸せになれない"ダイエット沼"にハマってしまうんです。

だからそこの意識を変えないといけないよって話をしてから、脂肪燃焼やボディメイクをどうしようかっていうロジックで知識の基礎をつけてあげて、本人が言ったことを納得できるように穴埋めをしていきます。

ーーなるほど。一方的じゃなくていいですね。話合いができると納得できることも増えそうです。

mikiko:一気に「あれも違うこれも違う」って言いすぎると、自分の人生を覆された、否定されたと思われちゃうんです。ただ痩せたかっただけなのに、何でこんなものに契約してしまったんだと後悔されてしまう(笑)。だから、本人が疑問に思ったところから徐々にやっていくようにしていきます。それが本人が必要な情報だと思うので、少しずつ山を崩していくような感じです。

だから私YouTubeが苦手なんです。カメラの前でひたすら教える系って、相手の気持ちを考えずに情報を投げるから、YouTube業界には進出していません(笑)

ーーパーソナルトレーナーの良いところって、投げっぱなしじゃなくて、そうやって1対1で向き合ってくれるところですよね。近所に24時間使えるスポーツジムがあって、行ってみたことがあるんです。そういうジム行くの初めてでマシンの使い方とかわからなかったので「これどうやって使うんですか?」ってスタッフの方に聞いたら、「新型コロナ感染防止の観点から、教えることはできないです」と言われて、「えっ」てびっくりした経験があります。

mikiko:ジムにあるマシンを作っているのってアメリカの会社が多いんですけど、それらはカリフォルニアでジムに行く男性たち向けに作られていたから、圧倒的にアジア人女性の体に合っていないんですよね。手で握るハンドルもすごく太いし、ベンチの座り具合とか、体の小さい女性用に作られていない。だから本来は、体に合わせた使い方をしなきゃいけないんだけれど、マシンの使い方は説明書を見てくださいって言われても、出来るはずがないんですよね(笑)

AUTHOR

吉野なお

吉野なお

プラスサイズモデル。雑誌『ラ・ファーファ(発行:文友舎)』などでモデル活動をしながら、摂食障害の経験をもとに講演活動やワークショップなども行っている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

mikiko
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する