ランした翌朝「疲れすぎて寝坊…」を防ぐ!脚に疲れを残さない方法

Getty Images

ランした翌朝「疲れすぎて寝坊…」を防ぐ!脚に疲れを残さない方法

張りきって、帰宅後にラン!けれど翌朝疲れすぎて、起き上がれなかった…なんてことないですか? 大切なのは、ランのあとのケア。脚に疲れを残さないポーズを、ヨガインストラクターの京乃ともみ先生に教えていただきました。

脚の疲労感を解消する「ランジのポーズ」のアレンジ

ランの疲労は脚の付け根に溜まりがち。じわじわとほぐして、疲労を解消しましょう。

HOW TO

1.右脚を前に大きく踏み込み、両手を床につける。後ろ足はつま先立ち。

ラン後のヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

2.右手を右脚の内側におく。右脚の股関節あたりが伸びているのを意識。

ラン後のヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

3.右手で右膝の内側を外へ押し、右脚の内太腿を伸ばす。同時に右足裏の側面もストレッチ。

ラン後のヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

右足を拡大すると…

ラン後のヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

4.深められる人は前腕を床につけて、ゆっくり3呼吸。脚を替え、反対側も同様に行う。

ラン後のヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

教えてくれたのは…京乃ともみ先生

ヨガインストラクター。SUPヨガインストラクター。16歳で芸能界デビューし、19歳のときにLAでヨガと出合う。初心者から上級者までヨガ指導を行うほか、メディアでも活躍中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ラン後のヨガ
ラン後のヨガ
ラン後のヨガ
ラン後のヨガ
ラン後のヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する