モデル伊藤ニーナが挑戦|体幹トレーニングの効果が変わる「意識の向け方」とは

Photos by SHOKO MATSUHASHI

モデル伊藤ニーナが挑戦|体幹トレーニングの効果が変わる「意識の向け方」とは

トレーニングを行うとき、自分の体の声に耳を傾けていますか?「今、力が入っているのはどこ?」など、体に意識を向け、部位ごとの感覚を高めることが大切。日常生活で意識しにくい感覚は、床とバランスボールを使って探っていきましょう。

腹圧、骨盤…パーツの感覚を高めよう

体幹を強化するトレーニングの際に必要になるのが「腹圧の感覚」と「骨盤の正しい位置」。日常生活ではなかなか意識しにくいので、体を動かしながら確認しましょう。

意識するポイント1:「お腹に力を入れている」感覚を持ち続ける

あ
(Photos by SHOKO MATSUHASHI)

HOW TO

仰向けになり、床と背中の隙間に両手を入れる。両脚を上げ、足首を90度に曲げる。お腹に力を入れて、背中の下の手を押す。これが体幹のトレーニングを行う際によく言われる、「お腹に力を入れる」「腹圧を高める」という状態。

POINT

息を吐きながら、おへそを背中に近づけるイメージでお腹を薄くする。腹圧が高まると、背中に両手が近づく。

感覚がつかめたらプランク!

あ
(Photos by SHOKO MATSUHASHI)

HOW TO

うつぶせになり、床に肘と膝をつき、つま先を立てる。肘は肩の下にくるようにセット。お腹に力を入れ、床から膝を上げる。肩からかかとまでを一直線に保ち、3〜5呼吸キープ。

photos by Shoko Matsuhashi
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する