ドルフィン・プランク・ポーズ
Dolphin Plank Pose

ドルフィン・プランク・ポーズ

効果効能

部位

効能

その他の効果

脳を休める。ストレスおよび軽いうつの軽減・肩、ハムストリングス、ふくらはぎ、土踏まずのストレッチ・腕、脚、コア(体幹)の強化 ・骨粗しょう症の予防

ポーズのやり方

1

ドルフィン・ポーズから両膝を曲げる。そこから両足を後ろに歩かせて肩が肘の真上にくるようにし、胴体を床と平行にする。

2

前腕の内側と肘を床に対して強く押す。肩甲骨を背中に安定させ、背骨から離すように広げる。同様に、鎖骨を胸骨から離す。

3

腿の前側を天井の方向へ押しつつも、尾骨は床の方向へ引き入れて、かかとのほうへ長く伸ばす。首の後ろ側から頭蓋の下を引き離すように持ち上げて、正面の床を見る。喉と目は柔らかく保つ。

4

30秒〜1分ステイする。吐く息で両膝を床へ下ろしてリリースする。

禁忌および注意すべきこと

肩に故障がある場合は、胴体をボルスターの上に乗せる。首に故障がある場合は額をブロックの上にのせる。

ビギナーへのヒント

首の緊張を和らげるには、前腕の間に置いたブロックの上に額をのせる。

同じ姿勢でできるポーズ

関連記事