【血糖値の乱れ・食後のむかつき…などの不調が整う】健康を活性化させる!4つのハーブトニック

【血糖値の乱れ・食後のむかつき…などの不調が整う】健康を活性化させる!4つのハーブトニック

乾燥ハーブで作る手早く簡単なヒーリング・エリキシル(内服液)で体のバランスを整えましょう。

体全体のシステムを強化する「ハーブトニック」の効力

乾燥ハーブやスパイスを水に浸してシンプルなハーブトニック「ヒーリングウォーター」を作れば、体のインバランス(不均等)を整えてくれる良薬となります。「Ayurveda & Aromatherapy: The Earth Essential Guide to Ancient Wisdom and Modern Healing」の著者であるヴィドラ・ライト・ミラーさんには次のように述べています。「ハーブを水と一緒に摂取すると、体全体のシステムが強化されます。ハーブの効力は直接体に行き渡り、まるで薬液を飲むようなものです」。

これらのハーブトニックは、通常の水と同じように飲むことができます。ウォーターボトルを携帯し、一日を通して飲んでください。

(1)シナモントニック

なぜ?シナモンはコレステロールを減らし、血糖値を安定させるのに役立ちます。

どのように?麺棒でシナモンスティック全体を砕きます。砕いたシナモンスティックを約1リットルの水に加え、10分間煮ます。 茶漉しで濾して、温かくして、もしくは常温でお召し上がりください。

(2)ドライジンジャートニック

なぜ?生姜は吐き気やむかつきを和らげる食材です。ドライジンジャー(乾燥生姜)は、チーズたっぷりの夕食後やアイスクリームを食べ過ぎた後などに感じる重たい感覚をスッと楽にさせてくれるでしょう。

どのように?ドライジンジャー小さじ1を挽き、約2リットルの水で沸騰するまで加熱します。3分間沸騰させます。温かくして、もしくは常温でお召し上がりください。

(3)プラーナトニック

なぜ?トゥルシーはインドではスピリチュアルハーブと見なされており、体のシステム全体のバランスを取るために使用されています。特に肺に良いです。

どのように?トゥルシー(聖なるバジル)の小枝をコップ1杯の室温の水に落とし、太陽の下に1時間置きます。自宅でトゥルシーを鉢で育てたり、アジアンマーケットで同種の植物であるタイバジルを購入したりすることも可能です。

(4)ジーラトニック

なぜ?クミンは消化を助けるだけでなく、体から毒素を洗い流します。

どのように?加熱した鍋に小さじ12杯のクミンシード全体を入れ、色がわずかにダークになるまで(約10秒)ドライローストします。約1リットルの水を加えて沸騰させます。3分間沸かします。温かくして、もしくは常温でお召し上がりください。

作ってみて!

キャプション画像

教えてくれたのは・・・ジェニー・ラフさん
ジェニー・ラフさんはヴァージニア州アレクサンドリアに暮らすライター。

ヨガジャーナルアメリカ版/「Inflammation and Your Mood: 6 Ways to Achieve a Happier Headspace

By JENNY ROUGH
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キャプション画像
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する