蟹座 12/30~1/12の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

蟹座 12/30~1/12の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2020-12-30

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

蟹座 7/17 – 8/16

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

蟹座
蟹座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

12月30日は双子座にて満月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はアールドラ(※2)、象徴は浄化の涙、支配神はルドラ、シヴァ神の別名でもあるルドラは破壊と再生を司る神です。極端から極端に走る特徴を持ち、やさしさと残酷さの両極を併せ持つ。嵐は、汚れを浄化し、涙は悲しみや痛み、辛さを洗い流してくれる。陰が極まれば陽に転ずるというように、転換点となるポイントであり、2021年に向けて新たな流れが作られていくターニングポイントになりそうな満月です。

30日の満月は、蟹座のあなたにとっては、外国や精神世界、病院などをあらわすハウスで起こります。見えない不安に包まれそうな時期、気持ちが揺れ動いてしまいそうで落ち着かないかもしれません。こんな時は開放的な場所に行ってみるといいでしょう。風を感じることで気持ちが軽やかになるでしょう。火星が牡羊座に入るので仕事が忙しくなってきそうな予感もあります。メリハリをつけて行動することがいつも以上に大事です。

土星と木星が接近する山羊座は、蟹座のあなたにとっては対人をあらわすハウス、2021年はパートナーシップについて大きな変動がありそう、変化を受け止める覚悟が問われるかもしれません。

恋愛に関しては、新旧交代のような様相、今までお付き合いしていた人との関係がぎくしゃくして新たな人との関係性が始まる、ということがありそう。フリーのあなたは出会いのチャンスです。ただ、不倫や三角関係に要注意。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(アールドラ):27ナクシャトラの中の1つ、支配星はラーフ、浄化の涙が象徴であり、陰と陽、優しさと残酷さなど極端な側面を持つナクシャトラです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

蟹座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する