感情を抑え込み過ぎて疲れてない?過剰な緊張をほぐす方法|男ヨガ連載

NANA SUZUKI

感情を抑え込み過ぎて疲れてない?過剰な緊張をほぐす方法|男ヨガ連載

解消ワーク:「腹斜筋を刺激するツイスト」でお腹まわりの緊張をほぐそう! 

気分が沈むと姿勢もうつむきがちになり、お腹まわりの筋肉を圧迫。体をねじって腹斜筋をほぐすワークを行い、日常の動作では刺激しにくい脇腹まわりを丁寧にほぐしていくワーク。

HOW TO

1.足を肩幅の2.5倍開いて立つ。膝を90度に曲げてつま先は45度に開き、膝とつま先を同じ方向に向ける。上体を起こして背筋を真っすぐに伸ばし、視線を正面に向けて両手は膝におく。

男ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

ねじりを深めるためには、背筋を伸ばしたときにお腹の力を抜いてリラックスさせておく。

2.左手で左膝を押して肩は体の正面へ。息を吐きながら右側にツイストして視線は斜め上、脇腹だけでなく肩甲骨にもねじりを加える。ねじった状態で5呼吸。吸いながら正面を向き元の姿勢に戻る。反対側も。

男ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

体をねじるときにお尻が後ろに逃げないように注意。下半身が安定するとねじりやすい。

 

教えてくれたのは…佐藤ゴウ先生

IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCにて各クラスを担当。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開。各地でのヨガイベントでも活躍中。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Shoko Matsuhashi
Illustrations by Nana Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.53

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

男ヨガ
男ヨガ
男ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する