【50歳からの若返り】見た目年齢マイナス10歳!老化を防ぐ食生活5つのポイント

Adobe Stock

【50歳からの若返り】見た目年齢マイナス10歳!老化を防ぐ食生活5つのポイント

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2020-12-14

以前より太った、肌にうるおいがなくなった、体の痛みも増えた…など、50歳になるとこれまで以上に体調の変化に敏感になるもの。若い雰囲気のままの人もいれば、その逆の人も。老化を防ぎ、若さを維持するためにはどんな食生活が理想でしょうか。今日から取り組みたい食生活について紹介します!

基礎代謝が下がる50代

体の変化を感じられるようになる50代。若々しく元気な人もいれば、体が衰えたなと感じる人も。この年代からは、健康に意識を向け行動したかそうでないかで老年期のあり方も変わっていきます。それには体でエネルギーを消費する基礎代謝量をどう維持していくかにかかってきます。基礎代謝量が下がれば消費できるエネルギー量も減ってしまいすぐに太りやすくなったり、血液の流れも悪くなります。食生活に高カロリーなものの摂取が多いという場合は、カロリーをなるべくオーバーしない食生活に改め、運動して筋力をアップすることや、水分をしっかり摂り、良質な睡眠も心がけましょう。

お腹まわりが太ってきたら、内臓脂肪も高くなる?

女性が太るパターンで多いのが下半身をメインに皮下脂肪がついてしまう「皮下脂肪型肥満」ですが、中年期からは脂肪細胞が内臓に増えやすく、「内臓型肥満」かどうかも気になってくる年代です。内臓型肥満であると動脈硬化、脳卒中のリスクが高まっていきます。お腹まわりが最近やたらと太ってきたなと感じる人は、一度内臓脂肪レベルが高いかどうかも確認してみましょう。運動で脂肪は燃えやすい傾向はあるものの、代謝量が下がったままではなかなか脂肪が燃えてくれません。定期的な運動をすることに加え、食生活はタンパク質や食物繊維を積極的に取り入れ、脂質や炭水化物の量を減らし、お酒はなるべく制限するように心がけましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する