「なぜかいつも不安で落ち着かない」知っておきたい不安の種類と対処法

Adobe Stock

「なぜかいつも不安で落ち着かない」知っておきたい不安の種類と対処法

南 舞
南 舞
2020-12-21

「不安にも種類がある」って知っていますか?自分がどちらのタイプなのか知っておくと、不安を感じた時のヒントが見えてくるかもしれませんよ。

【不安】にも種類がある?

不安と一口に言っても、人によって不安に感じるもの・ことは様々。心理学の中では、不安には2つの種類があり、それぞれに特徴を持つと言われています。

 状態不安

 ある特定の場面や物事で感じる不安のこと。一時的なものであり、すぐに解消することが多い。

 特性不安

 その人の性格によるもので不安になりやすい傾向のこと。な慢性的・日常的に不安を抱えている。

日常生活の中で起きうる状態不安とは「面接など人前で話す」ことや、「自分の苦手もの(人・動物など)が目の前にある」といったことです。こういった状態不安は、原因が割とはっきりしているので、原因となっている物事や出来事から離れれば不安を感じずに済みます。一方で特性不安は、特に何が原因というわけではなく、不安が性格の一部になっていることが特徴で、「同じ事でも周囲の人よりも不安を強く感じる」「何らかのストレスがかかると、すぐに不安になってしまう」と言ったようなことが起きがち。「私、いつも不安を感じているかも」と思う方は、特性不安が強い傾向にあるのかもしれません。また、特性不安が強い方は、状態不安に対しても強く反応してしまうといった傾向があると言われています。私たちが考えていかなければいけないのは、【特性不安】との付き合い方なのかもしれませんね。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する