何をチェックすればいいの?ビギナーのためのヨガマット選び4つのポイント

Getty Images

何をチェックすればいいの?ビギナーのためのヨガマット選び4つのポイント

誰もが最初に使うプロップス、ヨガマット。「買うときは、こんな点に気をつけて選びたい」というチェックすべきポイントを、ヨガティーチャーのドミニカ芹ケ野先生に教えてもらった。

初心者はまず手頃な価格のもので練習を始め、自分のやりたい流派などが固まってきたら、それに合わせて買い直すというのも手だ。

ヨガマット選びのポイント1.グリップ性

ヨガマット選び4つのポイント
(Photo by Getty Images)

ドミニカ先生曰く、「アシュタンガなど汗をかきやすい、激しい動きの多いヨガをする場合は、安定感やグリップ性が重要です」。

2.クッション性

ヨガマット選び4つのポイント
(Photo by Getty Images)

リストラティブや陰ヨガなど静的なヨガでは、クッション性の高いリラックスできるマットを選ぶといい。実際に触って確かめてみよう。

3.厚さ・重さ

マット選び4つのポイント
(photobyPIXTA)

折り畳んで持ち運べる、厚さ2㎜前後のトラベル用軽量マットから、1㎝前後のどっしりしたものまでさまざま。長さや幅も重要だ。

4.素材

天然ゴム、ジュート、コットン、PVC(ポリ塩化ビニル)、TPE(熱可塑性エラストマー)など。環境への貢献度、触感や耐久性も考慮しよう。

 

教えてくれたのは…ドミニカ芹ケ野先生

SHIZENヨガスタジオのオーナー/講師。アメリカ出身。1999年にヨガを教え始め、2004年にSHIZENヨガスタジオを設立。アイアンガーヨガの伝統と教えに大きく影響を受け、クラスではプロップスを多用したアラインメント重視のアプローチをとる。

yoga Journal日本版Vol.22掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガマット選び4つのポイント
マット選び4つのポイント
ヨガマット選び4つのポイント
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する