ヨガマットどう選ぶのが正解?値段による特徴の違い まとめ

Getty Images

ヨガマットどう選ぶのが正解?値段による特徴の違い まとめ

KANA ITO
KANA ITO
2018-11-08

マイヨガマットが欲しいけど値段もピンキリ、素材も違うし、どう選んだらいいか迷う方も多いのではないでしょうか。違いを学んで、自分にぴったりの1枚を見つけましょう!

お手頃ラインのヨガマットの特徴

ヨガマットの価格は、ピンキリ。安いと1000円を切るものもありますし、高いヨガマットだと2万円近くするものまで、値段の幅があります。では高いヨガマットを買えばいいのかというと必ずしもそうではなく、自分の理想に合ったヨガマットを選ぶことが大切です。
お手頃価格のヨガマットの素材は、PVC(ポリ塩化ビニル)が主流。1000円から4000円のヨガマットはPVCであることが多いでしょう。値段の違いのひとつは、厚み。厚みがあるほどクッション性が高いので、膝をつくポーズで膝の痛みを感じる方や、船のポーズでお尻が痛い、うつ伏せであばら骨や骨盤が当たって痛いという方は、厚めのヨガマットを使うと違和感を軽減できるでしょう。
その代わり、厚みのあるヨガマットは薄手のヨガマットより重くなりますので、持ち運びには適しません。またクッション性があるぶん、片足で立つポーズなどのバランスポーズで足裏に不安定さを感じる人も。
さらに、似たような価格帯のマットでも、プリントなどの加工が施されていたり、素材の密度が違ったり、独特のプラスチック臭を軽減する工夫がされていたりと、各ブランド、メーカーによっての目には見えないこだわりが隠れています。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する